電気代計算して節約!”エネチェンジ”で我が家の電気代を予測してみた

「電気代節約できるかも」

家の中が夏暑かったり、冬寒かったりすると、
エアコンや暖房器具を使う機会は自然と増えてくるものだし、
電気代も比例して上がっていきます。

エアコンや暖房器具を使ったとき月々の電気代が大体いくらになるか計算して予測がついたら、
家計のやりくりの指標にもなるし、引っ越しするときの今後の光熱費を考える
判断材料の一つになって、とっても嬉しいですよね。

電気代計算比較サイト”エネチェンジ“を利用すると、
日本全国どこに住んでいたとしても、精度の高い電気代計算を予測、
電気代プラン毎で比較ができる
ように大幅アップデートされました。

使い方も簡単な操作だけで大丈夫だし、
暮らしに見合った電気代プランを紹介してくれるので、
使って調べてみて損はないですね。

電気代計算比較サイト”エネチェンジ”とは?

電気代計算比較サイト”エネチェンジ“は2014年8月のサービス開始以来、
累計200万人以上のアクセス数を持つ、日本初の電気代計算比較サイトです。

国内最大級の電気代計算比較サイトである”エネチェンジ”では、
電気代診断だけでなく、サイト利用者の家庭に最適な電気代プランをおすすめしてくれたり、
新しい電気代プランへの変更手続き手順まで
アナウンスしてくれます。

実際に2014年8月のサービス開始してから、平均で年間約13000円の電気代節約プランを提案しているみたいです。

月額に換算してみると、「年間平均13000円÷12ヶ月=月平均1000円

エネチェンジがおすすめする電気代プランに変更すると、
1ヶ月の電気代が平均1000円程度安くなる可能性があるんですね。

2016年4月から法改正されてスタートする家庭の電力自由化も見据えて、
対応していくようなので、地域によっては現在よりもっと電気代を節約して、
安くで済ませることが出来るようになるかもしれないことも見逃せません。

電気代予測計算を非常に高い精度で可能にした要因

エネチェンジが1ヶ月分の電気代の情報を基に、
1年分の電気代や消費電力量を計算して、非常に高い精度で予測を可能にした要因は、
郵便番号を基に気象情報データを利用したり、世帯人数、オール電化の有無を
電気代予測計算のアルゴリズムに組み込んだことによるそうです。

denki-dai-keisan-enechenge-002

特に郵便番号を基に気象情報データを利用することで、
日本の風土、気候によって違ってくる毎月の地域別電力消費傾向を把握して、
電気代を予測できるから非常に精度の高い計算結果を導き出せるみたいです。

郵便配達以外で郵便番号の有効活用できる方法があるなんて考えたこともありませんでした。

まとめ

電気代の支払いを安くで抑える方法は、
減らす・使わない以外に方法はないと思い込んでいたけれど、
携帯電話の料金プランのように電気料金プランを見直してみることで、
電気代節約を実現することができるんですね。

もちろん必要以上に使わない、減らせる部分は減らしていく、
わたしたち消費者の意識の変化は重要
です。

これからの電気の使い方を考える上でも、エネチェンジは有効な判断材料に使えますね。

ぜひ一度お試しください。

電気代計算比較サイト”エネチェンジ”:https://enechange.jp/

スポンサーリンク