Instagramの写真をTwitterで表示させたい!Picsyなら簡単登録でOK!

Instagram熱がまた湧き上がってきたのにアカンやん。
Twitterと連携して写真投稿してもリンク先URLしか表示されません。

いい感じに撮れた写真をInstagramに投稿するならやっぱり多くの人に見てもらいたいし、TwitterやFacebookでSNS連携させて投稿しますよね。

ツイートに貼られたリンク先URLをクリックしてもらって写真を表示してもらうのは、使い勝手も悪いし、どうせならタイムラインにプレビューで写真を一発表示させたい。

調べてみると、「IFTTT」や「Picsy」、Google Chrome拡張機能「InstaTwit」などを使ってプレビュー表示するようにできる方法が幾つかあることが分かった。

「IFTTT」はちょっとだけ作業が面倒そうだったから、簡単に設定完了する「Picsy」を使うことに決定。

Picsy登録設定方法

instagram-twitter-preview-picsy-002

まずPicsyのトップページ真ん中あたりにある「はじめる」ボタンをクリック。

instagram-twitter-preview-picsy-003

「はじめる」ボタンをクリックすると、登録するまでの一連の流れが表示されます。
右下の「START」ボタンをクリック。

instagram-twitter-preview-picsy-004

PicsyがTwitterアカウントとの連携許可を確認する画面が表示されるので「ログイン」ボタンをクリック。
次にInstagramアカウントとの連携許可を確認する画面が表示されるので「Authorize」ボタンをクリック。

以上、4クリックで登録設定完了です。

InstagramからTwitterに連携投稿時の注意点

Picsyに登録してからInstagramへ写真投稿するときに一つだけ注意点があります。

instagram-twitter-preview-picsy-005

これまでInstagramで写真投稿するときにチェックを入れていたTwitterへのシェアボタンをクリックしてから投稿する必要がなくなります。

Twitterへのシェアボタン押し忘れを心配する必要もなくなって大助かりですね。

まとめ

簡単すぎて本当に連携してInstagramの写真がTwitterでプレビューされるか不安になりそうなところ、Instagramに写真投稿するとTwitterでプレビュー表示されました。

難しい設定操作は何一つなく、あっという間に使い始めれるのでオススメです。

InstagramとTwiiterを使っている方はせっかくのいい感じな写真をTwitterのフォロワーへアピールするのに登録しといてもいいんじゃないかなと思います。

参考にさせていただいたサイト

Picsy

スポンサーリンク