LINE MUSICアプリで音楽との距離が縮まる!500円で始める音楽ライフ

先日、6月11日にLINEの音楽サービス 「LINE MUSIC」がスタートしました。

テレビやネット上で話題に上がってくることも増えてきたもののまだまだ耳に馴染みがない方も多いのではないでしょうか?

簡単な操作で普段は聞かない音楽やまだ知らない音楽、たくさんの音楽に出逢えるなら使ってみるのもアリかな、とiPhoneにアプリをインストール。

早速、数日間使ってみました。

LINE MUSICってなに?

月額500円から利用できて、LINE MUSIC内に登録されている音楽がiPhone、スマホで聴き放題の音楽配信アプリです。

対応楽曲は最新曲含む150万曲以上で、年内には洋楽・邦楽あわせて500万曲以上を予定と、これからますます質、量ともども充実していくようですね。

LINE MUSICには、時間制限有り 「ベーシックプラン」と時間制限無し 「プレミアムプラン」の2つの有料プランが用意されてました。

どちらのプランを利用するにもチケットを購入する必要があります。

「ベーシックプラン」では、チケット購入から30日間で20時間まで音楽を楽しむことが出来ます。

有効期間内に20時間に達した場合は、300 円の課金で10時間分の追加チケットを何度でも購入可能です。

もし、30日以内に制限時間いっぱいまで利用してしまっても楽しむことが出来ますね。

「プレミアムプラン」では、チケット購入から30日間は時間無制限で音楽を楽しむことが出来ます。

学生の方は学割価格が各プランに設定されていて、認証されることでもっとお得に楽しめます。

私は、仕事中、移動中あわせてどれだけ少なく見積もっても現在1日に4時間以上は音楽を聴いてます。

4時間×30日=120時間

どちらのプランを選ぶべきかは明確ですね。。

使ってみたら、日常生活と音楽との距離が縮まる

使い始めてみると、近所のTSUTAYAやCDショップをポケットに携帯するような感覚です。

テーマや音楽ジャンル、それぞれのシチュエーションに合わせたトピックから気になるプレイリストを選ぶだけで最新曲から懐かしい曲まで自動で選曲から再生までしてくれるので、曲を探すストレスを感じることもありません。

音楽離れしていて最近の音楽や聴きたい音楽がイマイチよく分からない人、自分で曲を探したり、選んだりすることが面倒で億劫って人も難しい操作は必要なく利用できて、取っ掛かりの敷居はとても低いものです。

他にも、歌詞を表示しながら聴くことが出来たり、LINEでつながっている友達にお気に入りの音楽を教えたり、教えてもらってシェア出来たりと、日常生活と音楽の距離を気軽に縮めてくれるポテンシャルをもってます。

LINE MUSICのおかげで、私は今、懐メロブームがキテます。

10代の頃によく聞いてた曲や何となくしか知らなかった曲がぞろぞろ見つかって、青春時代の記憶が甦りますね。

聴き放題とは言っても、別途データ通信(パケット )料金が発生するので、月々のデータ通信容量にはご注意を。

設定で音質を選択したり、wi-fi環境のある場所でキャッシュを保存したりと楽しく長く楽しむための準備はきちんとしておきましょう。

まとめ:試すなら今がチャンス!

対応楽曲数 150万曲を多いと感じるか、少ないと感じるかはまだわかりません。

同時期に開始した「AWA」や6月30日から開始する「Apple Music」同業他社との競争もこれから激しくなっていくでしょうから、サービスは今後より良いものへと向上していくでしょう。

メジャーで広く知られている邦楽や洋楽が好きな方はバチっとニーズにハマってオススメします。

懐メロからアーティスト毎の最新の曲までチェックすることが出来るので、改めて失われていた音楽愛が復活する可能性があります。

月額500円から、TSUTAYAやCDショップに音楽を探しに行く手間も時間も必要なく、借りたCDを返し忘れて延滞料金が発生する心配もなくなります。

今なら8月9日までの期間限定でお試しトライアルをやっているので、無料で聴き放題です。

ものは試しだとお気軽にインストールしてみてください。

ハマるかもしれませんよ。

スポンサーリンク