三宅洋平のLIVEに行きたい!ミュージシャン三宅洋平は昔からアツい

「LIVEが見たい!」

10年前にタワレコで犬式の一枚目のアルバム「Life is Beatfullf」を手にして以来、
犬式と三宅洋平の音楽にどっぷりと魅了されてきました。

現在、政治活動家、社会活動家としても広く認知された
三宅洋平の音楽が聴きたくて仕方ありません

ミュージシャン 三宅洋平をもっと見たいと個人的に思うので、
音楽活動が増えることを願っています。

三宅洋平って誰?

三宅洋平は、2009年に活動休止するまで犬式でフロントマンを務め、
犬式活動休止後、新バンド (仮)ALBATRUSを結成しフロントマンを務める、
強烈な存在感とこころをアツくさせる言葉を備えもつミュージシャンです。

2011年に東京から沖縄に移住する以前は、
cro-magnon 大竹重寿と人間関係数珠繋ぎ屋内音楽フェス nbsa+x÷を主催していました。

2011年からは沖縄で毎年11月頃に日本で一番遅い
ビーチ野外音楽フェス ZANPA JAMを主催しています。

5回目となる2015年のZANPA JAMは、
10月30日から11月1日までの3日間開催されます。

2013年夏に行われた参議院選挙において、政治経験もないまま立候補して、
落選候補最多の17万6970票を集めました。

選挙期間中に全国各地を駆け回り、連日開催した集会演説「選挙フェス」をきっかけに、
それまでの音楽ファン以外にも広く認知されるようになりました。

三宅洋平が歌うLIVEはとにかくアツい!

犬式時代から一貫して変わらないことですけど、
三宅洋平が歌うLIVEは、歌ってる時間と変わらないくらい曲間にMCが入ったりします

いい音楽とこころに響いてくるアツい言葉の数々がオーディエンスを更に引き込み、
空間の一体感を作り出し、LIVEをアツく、熱中させます。

今まで色々なアーティストのLIVEに行っている中でも、
三宅洋平ほどLIVE中に喋るアーティストに出会ったことはありません。

三宅洋平激アツLIVE映像5選

犬式時代から現在まで、挙げればキリがない程ありますが、
あえて、ピックアップしました。

まとめ:三宅洋平のLIVEに行きたい!

YouTubeにはアップされていないLIVEでもまだまだヤバいLIVEはたくさんあります。

犬式活動休止前や吉祥寺で最後のLIVEは、特に振り切りまくってました。

映像で見るより、生が一番です。

犬式もいつかまた見たいし、三宅洋平のLIVEに行きたい!

スポンサーリンク