知っておきたいマイナンバー制度のこと!メリットは何?

2015年10月からスタートする新制度マイナンバー制度が施行まで残りわずかとなりました。

「国に個人情報が筒抜けで管理されることがなんか嫌だ!」
感覚的拒否反応はあるもののマイナンバー制度がなんなのかはそれほどよくわかっていません。

しかし、そうは言ってても、現在日本で暮らす一人である以上、12桁のマイナンバーがじきに割り振られます。

選択の余地無く強制的に導入されるため、「行政の新しくやること=面倒そう」の公式が連想されるマイナンバー制度ってそもそも一体どんな制度なのでしょうか?

マイナンバーで得られるメリット

国としてはマイナンバー制度がスタートすることで、大きく3つのメリットを期待しています。

  1. 行政の効率化

  2. 市役所など行政機関で、これまでたらい回しにされながら毎回行っていた様々な情報の照合、転記、入力などに要した無駄な時間や労力を大幅に削減。スムーズに複数の業務間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減。

  3. 国民の利便性を高める

  4. 行政手続の簡素化により、確定申告するときの源泉徴収票や保険料の納付記録など、これまで必要だった添付書類が減るなど、私たち国民の負担が軽くなる。行政機関が所有している自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ることが可能に。

  5. 公平かつ公正な社会を実現する社会基盤

  6. 所得をちょろまかしての脱税防止や生活保護給付金の不正受給防止に役立てて、本当に困っている方へのきめ細かな支援を実施。

個人のメリットは少ないというかほとんどなく、国からしてみたらメリットが多い印象ですね。

個人番号カード発行は任意

割り振られた12桁のマイナンバーの通知が簡易書留で届いて以降、2016年1月から市役所に出向いて個人番号カードを発行する、発行しないの選択に関しては任意。個人の裁量で個人番号カードを持つか持たないかを決めることができます。

ただ、個人番号カードを発行しなかったからと言って、割り振られたマイナンバーが無効化されて消滅することはありません。

まとめ

マイナンバーは忘れちゃダメ。他人に漏らしてもダメ。
メリットよりもデメリットのほうが多く目につきやすくても、上手に付き合っていかないとダメな取り扱いに気をつけたいものということだけはわかりました。

取扱厳重注意なTポイントカードみたいなものと捉えといたらいいのかな。。

とにかく思わぬトラブルに出くわさないためにも、これからもっと理解を深めて、自分の身は自分で守っていくしかないですね。

スポンサーリンク