本物のフォトグラファーが撮る海は違う!世界の美しい海7選

「そろそろ海に行きたいかも。。」

梅雨の時期も佳境に入ってくると、海好きの虫がうずき始めてきます。
梅雨が開けると、夏は目の前ですね。

夏は海に行きますか?

海はただ眺めているだけでもこころが満たされますよ。

本物のフォトグラファーの作品を見ていると、ホント今すぐにでも海に行きたい気持ちになります。

Clark Little

Clark Littleは、アメリカ カリフォルニア生まれ、ハワイ育ちのフォトグラファーです。

1980年代〜90年代にかけては、サーファーとしても才能を輝かせていました。

写真を撮るようになったきっかけは、2007年、クラークの奥さんがクラークに「ベッドルームに海の写真が飾りたい」と頼んだことがきっかけです。

投稿される写真は、波以外にも亀や海の生物たち、家族の写真があります。
クラークの優しさが垣間見える素敵な写真がたくさんです。

Matt Clark

Matt Clarkは、ニューヨークを拠点に活動するフォトグラファーです。

投稿される写真は、様々な表情の波と、波に挑むサーファーの写真があります。

Gregg Daniels

Gregg Danielsは、ハワイ出身のフォトグラファーです。

投稿される写真は、すべてハワイの海での写真です。

Zak Noyle

Zak Noyleさん(@zaknoyle)が投稿した写真

Zak Noyleは、ハワイ出身でハワイを拠点に世界中で活躍するフォトグラファーです。

父にコマーシャルフォトグラファー Ric Noyle、祖父にKen Noyleと、親子三代にかけて写真を撮り続けるサラブレッドと言えます。

色彩豊かな波の姿が数多く投稿されていて目を奪われます。

Robbie Crawford

>

Robbie Crawfordは、カリフォルニア出身のフォトグラファーです。

子どもの頃から、スケボーやスノーボード、サーフィンをしていたようです。

Robbieは、アクションカメラ GoPro アンバサダーであることから、GoProを使って撮影した写真が多く投稿されています。

Ray Collins

Ray Collinsは、オーストラリア出身、色盲のフォトグラファーです。

独特な質感で切り取られた波の姿が投稿されていて、美しさに圧倒されそうになります。

Lloyd Meudell

Lloyd Meudellは、オーストラリア出身のフォトグラファーです。

圧倒的な躍動感が写真に収められていて、見ていると今にも目の前に迫ってきそうです。

まとめ:今すぐ海に行きたい!

自然は偉大であることを再認識させられます。

夏はもう目の前です。

Instagramで美しい地球の姿に感動しながら、楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク