YAMAP(ヤマップ)で登山初心者も安心!山で使えるアプリ

「山遊びが身近な選択肢になるかも。。」

先日行った「Kyusyu Startup Pavilion 2015」でプレゼンしていた
株式会社セフリの提供するiPhoneアプリ「YAMAP(ヤマップ)」のサービスが
素晴らしいものでした。

いいお金の使い方!情報は財産!起業家の投資家へのプレゼンを見る

iPhoneアプリ、Andoroidアプリとして既にリリースされている
YAMAP(ヤマップ)」が実際に使ったらどんなものか気になってダウンロードしてみました。

YAMAP(ヤマップ)ってどんなアプリ?

icon175x175-1

YAMAP(ヤマップ)は、現在携帯電話で主に使われているiPhoneやスマホに
搭載されたGPSを有効活用したアプリです。

GPSを利用することで電波の届かない山の中、オフライン状態でも、
アプリから事前にダウンロードした山の地図上で
自分の位置を確認することができるので、
アプリ一つでiPhoneがアウトドアGPS機器に代わります。

YAMAP(ヤマップ)では、登山のときのアウトドアGPS機器代わりに使う以外にも
登山ルートの軌跡を記録
してくれるので、後日「私の活動日記」として登山日記を書いたり、
他の人の「みんなの活動日記」を読んで、次回アタックしてみたい山の情報をリサーチする、
SNS的使い方も出来るように作られています。

他にも、アウトドア用品に特化した価格.com的サービスや、
様々な山遊びに対応した保険の販売もあるようです。

私も実際に家から行ける距離の山の情報を調べてみると、
沢登りしてる方の「みんなの活動日記」を見つけて、
沢登り日記を読んでみると、とっても楽しそうで沢登りやってみたくなりました。

「歩いて旅すると地域が潤う」

私がYAMAP(ヤマップ)アプリが気になるなと感心を持つきっかけになったのは、
Kyusyu Startup Pavilion 2015でプレゼンしていた
YAMAP開発元の株式会社セフリ代表取締役 春山慶彦社長の一言でした。

「歩いて旅すると地域が潤う」

私はハッとさせられました。

確かに飛行機や新幹線で移動すると、移動時間は劇的に短縮されて効率が良いですが、
通過されるだけの地域では1円もお金が落とされることがありません。

美しい山々がそびえる日本だからこそ、美しい自然を観光資源として活用できるように、
迷わないように安心してオフラインでも使える設計にしただなんて、
発想が素敵すぎるじゃないですか。

yamap-beginner-report-oo2.jpg

まとめ

YAMAP(ヤマップ)があれば山へ遊びに行っても遭難、迷子になる可能性が減りそうです。

休みの日に山遊びを選択肢に入れることも容易になりますね。

オフライン中の使用は、GPSをフル活用中になるのでiPhoneのバッテリー量に気をつけながら使いたいです。

私は沢登りについてもう少し調べてみます。

スポンサーリンク